スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

LUMIX LX3のハイダイナミック機能(曽爾高原のススキと西浦温泉)

自転車用に導入したPanasonicのLUMIX DMC-LX3。自転車以外にも活躍の場を広げています。

そのDMC-LX3のファームウェアがバージョンアップで2.1になりました。
いくつかの機能が追加されました。こんなに機能がたくさん追加されるなんて、うれしいです。ファームウェアのバーションアップなんて不具合の修正だろうと思っていたので...追加された機能は本来欲しかった機能ではないかもしれませんが、お得な気分で、LX3を買ってよかったと思ってしまいます。

追加された機能の一つにシーンモード「ハイダイナミック」があります。
これを使うと、逆光の風景、夜景など暗いところから明るいところまでを適切に表現する写真が撮影できるそうです。
明るい部分から暗い部分までの風景ということは、日の出とか夕日が身近な例ですね。
早速、夕日の例として曽爾高原のススキ、日の出の例として西浦温泉の撮影をしてみました。
まずは夕日ということで曽爾高原(奈良県曽爾村)のススキです。

ハイダイナミックなし
曽爾高原のススキ_ハイダイナミックなし

ハイダイナミックあり
曽爾高原のススキ_ハイダイナミックあり

ハイダイナミックあり/なしを比較すると、ススキの部分が大きく異なります。ハイダイナミックありでは、ススキがはっきり見えます。はっきり見えていて夕日を強く受けている部分はさらに明るく見えます。ハイダイナミックなしでは、夕日を強く受けている部分のみ明るい感じです。この風景の場合、どちらの写真が実際の見た目の印象に近いかというとハイダイナミックありでしょう。
でもさらに印象に近くするには夕日を受けているススキ部分とそうでないススキの明暗を付けられるといい感じだと思います。

次に日の出ということで、西浦温泉(愛知県蒲郡市)です。
夜明け前の海岸を撮影するとさすがに暗すぎたのかハイダイナミックの効果と思われる部分がありません。
西浦_夜明けの砂浜

もう少し明るい絵ということで温泉の建物群を撮影すると...
西浦温泉_ハイダイナミックあり

建物が妙に明るいです。ちょっと不自然な感じがしますが、明るく写っていてうれしい場合もありそうです。見た目どおりの自然な感じで撮影したい場合はまずいかもしれませんが、記録に残す意味ではいいかもしれません。ハイダイナミックあり/なし両方を一度に撮影できるとうれしいですね。撮影後に取捨選択ができるといいです。

ところで、ハイダイナミックを機会にシーンモードというのを初めて使いました。いつもは「A」(絞り優先)で使っていました。
たくさんのシーンの定義があるんですね。これはなかなか覚えられそうにないですが、使うように努めたいです。まだまだ未知の機能がありそうで、LX3は面白いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : LUMIX LX3 ハイダイナミック HDR 曽爾高原 西浦温泉

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suna

Author:suna
自転車:DAHON Vitesse P18
カメラ:Panasonic DMC-LX3


ランキング参加中!
クリックお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
blogram投票ボタン
カテゴリ
道路別
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。